山路商店からのお知らせ

2019年9月13日
令和元年産千葉のコシヒカリ、ひとめぼれ、ふさこがね、あきたこまちが入荷しました。今年も艶、水分量は例年と同等で、粒の大きさは昨年よりも大きな印象ですが、ふさこがね、あきたこまちには多少のヤケ米が見られます。炊飯したところ食味、艶、香り、粘りは良好です。
2019年8月16日
令和元年産宮崎の新米が出回り始めました。価格的には昨年よりも若干高い価格で取引されているようです。また、関東の早期米については梅雨明けが遅れた為、例年より1週間程出荷が遅れる模様です。作柄は、8月の天候の回復により、早生は期待薄だがコシヒカリについてはかなり期待が持てると思います。北陸の早場米はかなり出来が良さそうです。
2019年7月12日
今年もお盆休み期間中は通常通り営業しております。皆様からのご注文をお待ちしております。
2019年6月14日
【令和元年産の育成状況】東北各県は、田植えが順調に行われほぼ平年並みに推移しております。新潟県は、田植えは終わっており生育も平年に比べて好天が続いたために四日ほど早い生育状況となっています。茨城県は、あきたこまち、ふくまるの生育は平年並み。コシヒカリは平年に比べて一日程度早まっています。千葉県も気温が高かったため、生育は順調だが、ふさこがね過繁茂ぎみのために中干しの遅れに注意が必要。コシヒカリは概ね順調に推移しています。
2019年5月14日
気象庁の3ヶ月予報によると、5月は東日本と北日本の太平洋側は周期的に天気が変わり、日本海側と西日本では晴れの日が多い見込みで平均気温は全国的に平年並み。6月は、前半は周期的に天気が変わりますが後半は雨や曇りの日が多い見込みです。東日本西日本では平年に比べて曇りや雨の日は少ない予報になっています。7月東日本西日本では梅雨前線の影響を受けやすく、平年に比べて曇りや雨の日が多い見込みです。このことから、7月までの米の生育に関しては特に問題な点はないと思われます。

お知らせ一覧

山路商店の配達エリア

港区・中央区・千代田区エリアの方は、注文受付後、原則24時間以内に配達いたします!

港区・中央区・千代田区外の方のご注文も東京23区内であれば、お請けしております。配達のタイミングについては、エリアにより異なりますので、お電話にてご確認ください。

詳しい配達エリアは、こちらをご覧ください。